Eat+Drink = Happy!

味菜@上本町、大阪

大阪上本町駅の外れ。住宅街にほど近い場所で一見ごく普通の店構え。中に入ってまず目に入るのはカウンターに並ぶおばんざい!見るからに高そうなふかひれの姿煮、中華春巻き、魚の煮付け、野菜のジュレ……。和洋折衷で具材も色も鮮やか。メニューがなく、その日出されるものを店員さんが読み上げてくれるスタイル。まずは前菜からと説明してくれるが、その説明が長すぎて前半のメニューを忘れる始末。こういうスタイルの店って普通2、3種類から選ぶとこが多いと思うんだけど、前菜だけで何個あるねん!ってくらい長かったもん。もちろんメインメニューはもっと多かった。小さめのお皿でいろいろ食べることにしました。

金目鯛、白魚のお刺身を食べた後(さらっと流すけど、新鮮な上に金目の脂加減が絶妙で脱帽)、ホタテと生ハムのじゃがいもソース和え。ねっとり甘いホタテに生ハムの塩気がマッチしてそれだけで最高なんだけど、ビシソワーズ風に滑らかに濾されたじゃがいもがクリーミーさを足していて斬新な一皿。ディルの香りとウニの旨味がさらに奥行きを与えて芸術的にうまい。

つづいてキノコとトリュフのチーズトースト。刺身の後にトースト出すあたり創作力爆発でおもしろい。またこれがジャンクっぽいんだけど実はお上品な味でなかなか他では食べられない味だった。

その他、カブラの蟹あんかけやサザエのエスカルゴ風など、お茶目な大将がクリエイティビティとセンスを余すことなく発揮させた料理が盛りたくさん。お刺身の時点で確信してたけどたらの白子やアスパラの炭火焼など素材の良さも文句なしです。

「本当は教えたくないんですけど…」っていう芸能人の決まり文句。一般人ですが、まさにそんな気持ちです。

麺屋武一@新橋
新橋での打合わせ。クーラーで骨まで冷えきった体を温めようと鶏ポタージュ系のラーメンにたどり着く。
こってり濃厚鶏スープは、麺が見えないほどドロリ。豚骨でここまでドロッてると少々臭いが気になるけど、同じこってりでも鶏系は動物臭がなくて食べやすくて好きなのです。いただきます。
もはやラーメンのスープっていうか博多水炊きのスープを最後の最後まで煮詰めまくったような鶏の濃厚さ。おいしー!と思って2、3スプーン続けて食べるも、早くもちょっとこれは飽きるかもしれない…と不安におそわれる。
奥の方にあるタマネギみじん切りをスプーンに流し込んで一緒に飲むと、あら不思議。タマネギの水々しさと薬味の辛さが、平坦なスープに華やかなアクセントになるの〜。全くもう、自分をよくわかってらっしゃる。
細めのストレート麺は博多ラーメンほど固くなく、どちらかというと中華麺にちぢれをなくした感じ。メンマが通常の3倍くらいの長さなのが気になったけど(切り忘れ?)味はまぁまぁ。卵も私好みの生っぽさが残るくらいの半熟。チャーシュー代わりの胸肉がしっとりはしてたけど肉として旨味がなかったのがちょい惜しかった。

一度ならずまた食べたい味。次は鶏骨醤油そば食べてみよっと。飲んだ後には重すぎて食べれなさそうだけどね。

麺屋武一@新橋

新橋での打合わせ。クーラーで骨まで冷えきった体を温めようと鶏ポタージュ系のラーメンにたどり着く。

こってり濃厚鶏スープは、麺が見えないほどドロリ。豚骨でここまでドロッてると少々臭いが気になるけど、同じこってりでも鶏系は動物臭がなくて食べやすくて好きなのです。いただきます。

もはやラーメンのスープっていうか博多水炊きのスープを最後の最後まで煮詰めまくったような鶏の濃厚さ。おいしー!と思って2、3スプーン続けて食べるも、早くもちょっとこれは飽きるかもしれない…と不安におそわれる。

奥の方にあるタマネギみじん切りをスプーンに流し込んで一緒に飲むと、あら不思議。タマネギの水々しさと薬味の辛さが、平坦なスープに華やかなアクセントになるの〜。全くもう、自分をよくわかってらっしゃる。

細めのストレート麺は博多ラーメンほど固くなく、どちらかというと中華麺にちぢれをなくした感じ。メンマが通常の3倍くらいの長さなのが気になったけど(切り忘れ?)味はまぁまぁ。卵も私好みの生っぽさが残るくらいの半熟。チャーシュー代わりの胸肉がしっとりはしてたけど肉として旨味がなかったのがちょい惜しかった。

一度ならずまた食べたい味。次は鶏骨醤油そば食べてみよっと。飲んだ後には重すぎて食べれなさそうだけどね。

やきとんひなた@大山

うまいやきとんを食べるため、電車を3回も乗り換えてプチ遠征。土曜7時頃に行くと10組ほど並んでいました。近くのお店でビール飲みながら「空いたよ!」という電話をもらっていざ、出陣。

まずはハツ刺し。厚めに切られたハツはウズラ卵で食べるというちょっと変わり種。んー、なかなか。続いてレバテキは……。く、臭い。。薬味とごま油たっぷりだから食べれたものの、レバだけだと食べられないかも……。

とはいえここは東京三大モツ煮屋のひとつ、秋元屋からの暖簾わけ。その実力いかほど!・・と期待しすぎたが、モツ煮、いまいちだった。特徴がないというか、良くも悪くも普通だった。あえて言うなら刻みネギたっぷりなのが煮込みまくってやわやわなモツにシャキシャキさを与えてくれてたことくらい。

なぜかいちばん美味しかったのがスモークサーモンのマリネ。サーモンにルッコラやベビーリーフ、ブラックオリーブがたっぷりのサラダにディルとレッドペッパーが効いたドレッシング。そこらのイタリアンより全然おいしいやん。意外すぎてポイント高い。

串は普通においしかった。一本100円!安いここへ来る前に空きっ腹にビールジョッキ2杯が効いて写真取り忘れた。かろうじて最初に来たつくねちゃんだけパシャリ。

串焼き屋でありながらアヒージョやらカマンベールやらビストロメニューまであり。赤ワインも充実してて、「やきとんなんて食べれない♡」みたいな人とも一緒にいけるお店。これは腹ペコのときに再挑戦してみる価値ありだな。

えんどう寿司@大阪

東の築地市場に対し、西の中央市場。大阪で早朝から食べられる安くておいしい寿司屋と言えば、中央市場に入ってすぐの駐車場脇にあるえんどう寿司。

市場内の寿司屋さんですから、ネタの新鮮さは言うまでもない。おまかせを頼むと違うネタで5巻握ってくれます。この日は太刀魚、ハモなどの夏らしいネタも。大根ポン酢や塩などそれぞれに合った味付けをされてるのも特徴。掴み寿司と呼ばれるほわっとしたシャリは小さめで早朝から10巻も平らげた。4枚まで違う板があるらしいけど、いつも2枚目でお腹いっぱい。大食いがうらやましいぜ!それにしてもこれで2000円とか神レベル。

刻みみょうがたっぷりの赤出しもおすすめです。昼過ぎには閉まっちゃうよ〜。

ジャスミン・タイ@六本木

サワディカーップ。アジアンエスニック料理の中でも抜群の安定感を持つタイ料理ですが、ここはタイ大使御用達という本場セレブも認めるお店。

前菜の盛り合わせはヤムウンセンを中心に、海老のすり身揚げ、生春巻きなど豪華もりもり!パクチーの緑とチリソースの赤が見た目にも食欲をそそる。

続いてきた海老のガーリック蒸しはニンニク&ネギの香味野菜と海老の味噌が絡んで口んなかで亜熱帯のパワァー爆発。美味くないわけないよね。

肉巻きレタスもガパオも絶品ですが、タイ料理と言えばやっぱり主役はトムヤムクン。海老やしめじなど具がごろごろ入ったスープはココナッツのまったりとレモングラスのさっぱりが驚異的なハーモニーを奏でていました。

微笑みの国、万歳!

店内暗めのため写真の画質が悪いのが残念。

味工房まんま別館 @長田、大阪

大阪流れでもう一店。父の日に普段なら手が出せないお店へ行こうということで、東大阪市にある懐石料理屋へ。白木の一枚板で出来た立派なカウンターを横目に子連れの我が家は3階の個室へ通される。

お料理は1万円のコースを注文。前菜はジュンサイ、穴子、ウニのジュレ、トコブシにあじさいが添えられて登場。見た目からも清涼感たっぷりで季節を存分に味わえる。さらに鱧の梅肉が添えが出て「日本の夏!関西の夏!」と調子づく。夏野菜のたき合わせもお鍋もメインの焼き金目鯛もおいしかったけど、一番は胡麻豆腐の椀もの!プリンのようになめらさに口中ごま王国になるほどの濃厚なごま味の豆腐。ウニの塩気と小豆の食感、最後にかぼすの香りが見事に調和して和食の奥深さを知りました。

懐石って見た目良いだけでおいしくないこと多いんだけど(特に旅館とか)、出てきたもの全ておいしかった。全部だし味なのになんで飽きないのか不思議だけど、これが「素材の味を活かす」ってことなのかしら。さすが、世界遺産和食w

予約時に伝えたそれぞれの苦手なものも他の品に替えてくれてたり、記念日ということで撮ってくれた写真を帰り際に渡してくれたり。料理の美味しさもさることながら、美人女将の一流のおもてなしを堪能できるお上品なお店でした。

北極星@心斎橋、大阪
卵と白米の組み合せ。この相性最強カップルが大好きだ。卵ごはんはもちろんのこと親子丼、天津飯、そしてなんと言ってもオムライス!ほんわり卵と白ごはんの粒と甘さ、そこにケチャップの甘酸っぱさが交じってもう想像だけでイキそうですが、中でも今んとこ私が日本一うまいオムライスだと思うのが、ここ北極星。
外観は日本家屋の趣きある民宿のような佇まい。靴を脱いで中庭を通り抜けて通されると、広い畳の部屋にローテーブルがきっちりと列をなして並んでいる。
メニューは普通のオムライスからきのこ、ビーフ、海老フライなどの変わり種まで。それに季節のメニューも。よく見ると伊勢エビオムライスってのまであって、なんか大阪っぽい。いろいろ食べたけどたどり着いたのはやっぱりいちばんベーシックなチキンオムライス。
職人技が光るクレープのように薄ーく均等に伸ばされた卵に出汁と特製ケチャップの効いたケチャップライス。米の歯ごたえがしっかり残っているのはケチャップの量と炒め方が大切なのかしら。小さめにカットされたタマネギは主張が強すぎず、あくまでも米の食感のアクセントに徹している。あぁ、思い出すとヨダレ出る。優しさの塊、いや、オムライスミニマリズムの金字塔と呼ばせておくれ。

創業は大正11年(1922)!日本で初めてオムライスを提供したって玄関には書いてあるけど、なんかそれ、他のお店でも見たようなw まぁ美味しいのであえて深くはつっこみません。いつも特製ケチャップ買って帰るけど、自分で作っても全然違うんだよなぁ。

北極星@心斎橋、大阪

卵と白米の組み合せ。この相性最強カップルが大好きだ。卵ごはんはもちろんのこと親子丼、天津飯、そしてなんと言ってもオムライス!ほんわり卵と白ごはんの粒と甘さ、そこにケチャップの甘酸っぱさが交じってもう想像だけでイキそうですが、中でも今んとこ私が日本一うまいオムライスだと思うのが、ここ北極星。

外観は日本家屋の趣きある民宿のような佇まい。靴を脱いで中庭を通り抜けて通されると、広い畳の部屋にローテーブルがきっちりと列をなして並んでいる。

メニューは普通のオムライスからきのこ、ビーフ、海老フライなどの変わり種まで。それに季節のメニューも。よく見ると伊勢エビオムライスってのまであって、なんか大阪っぽい。いろいろ食べたけどたどり着いたのはやっぱりいちばんベーシックなチキンオムライス。

職人技が光るクレープのように薄ーく均等に伸ばされた卵に出汁と特製ケチャップの効いたケチャップライス。米の歯ごたえがしっかり残っているのはケチャップの量と炒め方が大切なのかしら。小さめにカットされたタマネギは主張が強すぎず、あくまでも米の食感のアクセントに徹している。あぁ、思い出すとヨダレ出る。優しさの塊、いや、オムライスミニマリズムの金字塔と呼ばせておくれ。

創業は大正11年(1922)!日本で初めてオムライスを提供したって玄関には書いてあるけど、なんかそれ、他のお店でも見たようなw まぁ美味しいのであえて深くはつっこみません。いつも特製ケチャップ買って帰るけど、自分で作っても全然違うんだよなぁ。

掲載のご報告

ブログを更新しました。ブラジルで開催中のワールドカップ・・・

本日発売の週刊金曜日(996号)に記事が掲載されました。

ひとつは今ブラジルで開催中のサッカーワールドカップについてのコラム。日本に住むブラジル人たちが母国の開催をどう受け止めているのかインタビューをしてきました。

もうひとつは、韓国映画『観相師』の映画評。顔や表情、仕草などからその人の内面や運命を占うという観相。偶然ですが、現在BSプレミアムで放送中の韓ドラ『太陽を抱く月』でもキーワードになっていますね。自分にはどんな相が出ているのか、知りたいものです。

140620_996

『観相師』

6月28日よりシネマート他全国順次公開

6月28日よりシネマート他全国順次公開

 

View On WordPress

純豆腐田舎家@麻布十番

韓国大使館がある麻布十番には韓国料理屋さんが多い。その中でもダントツにおいしいスンドゥブを出すのが、純豆腐田舎家。なんてったって、店名にスンドゥブってついてるからね。昼には外交官らしい韓国語を話すスーツ姿のおじさまや、オルチャンメイクの女子大生がフーフーしながら真っ赤なスープと戦っている。

ここのスンドゥブなにがおいしいって辛さとうまさが絶妙。石のお椀で出てくるスンドゥブはグツグツ熱いところをハフハフ食べたいもの。辛すぎても味濃すぎても途中でギブアップしちゃうから、このさじ加減が大切なのだ。貝のうまみも出ててごはんがすすむー!ちなみに私、卵は半熟の状態で割ってスープの辛みを途中でまろやかにする派です。

ダラダラ汗流れるけど、食べ終わったあとは気分爽快!辛いものを食べると元気出るのは私だけかしら?

てやん亭”おも家(てやんでいおもや)@西麻布

西麻布の交差点から歩いて5分くらいにある、いわゆる隠れ家風ってやつ。民家風の店先ににはよーく見ないとわからない小さな看板が出ているだけだから通り過ぎてしまう可能性大だけど、知ってるとモテそうなお店。

料理は全般おいしいんだけど、おすすめは海老マヨ!一口では絶対食べきれない特大の海老にお酢の効いたあっさりめのマヨが絡んでぷりぷりうまい。もう普通の海老マヨには戻れない……。あとはウニパスタ。しっかり冷えた細めのパスタはあっさりめの出汁にあわせただけ。ポイントはウニ板が一枚どどーんと乗ってるところ。まさにソースはウニだけのシンプルな一品だけど、ウニ好きにはたまらない。炭火焼の宮崎地鶏や餃子スープなどメニューが多彩なのもいいよね。女子会メニューがおとくらしく、女子どもがワイキャイやってていつ行ってもにぎやかです。